HOME > SUPPORT

木について

ブラックチェリー

bc.jpg
肌目はきめ細やかで均質な淡黄褐色。粘りや強度がある。使い込むほどに飴色に変色し、高級感がある。日本のサクランボより大きく赤い身がなり、食用として有名です。

ウォールナット

wn.jpg
辺材は灰白色で、心材は濃い茶色。硬く粘りのある性質を持つ。古くから高級家具材や工芸用材として用いられる。現在は人気の材料のひとつです。

ハードメープル

hm.jpg
肌目は白色系、硬く粘りがある。狂いが少なく、衝撃にも強い。ボーリングのレーンやピンの素材としてよく使用されます。

ホワイトオーク

wo.jpg
柾目面に虎斑(とらふ)が現われる。材は重硬で強靭。ウイスキーやぶどう酒の樽材としてもよく知られています。

レッドオーク

ro.jpg
辺材は淡い黄褐色、心材は桃色を帯びた紅褐色。一般に木目は通っており、木肌は粗い。紅葉の美しさから「レッドオーク」と呼ばれています。

タモ

tm.jpg
肌目は淡黄褐色。軽くて木目にムラがない。特に衝撃に対する抵抗力が強いことからもっぱら運動用具材として使用され、野球のバットにもよく使われる材。その他家具材、造作材、器具材、ベニヤ材など。

ビーチ

be.jpg
肌目は淡黄色。柾目面に特有の斑点があり、弾力性に富み、曲げやすい。ヨーロッパのモダン家具やインテリア部材の代表的な樹種です。

アルダー

al.jpg
辺心材の差はあまりなく、淡い紅褐色。広葉樹にしては比較的柔らかい材で、加工性には優れる。特にロクロ加工に適す。乾燥は速く、材の安定性は良好。

ks.jpg
辺材は灰白色~淡黄褐色、心材は紅褐色~暗緑を帯びる。造作材や家具材、彫刻用材などに用いられる。香りが良く引き出しや衣裳箱に用いると、衣類を虫害から防ぐ効果があります。







塗装の種類

オイル塗装

オイル塗装はオイル塗料を木材の表面部に染み込ませる塗装方法です。よって塗膜は作られませんが、しっとりとした仕上がりで、木の素材感が伝わる、触り心地が楽しめる塗装方法です。

ウレタン塗装

ウレタン塗装はその名の通り、ウレタン塗料を材料表面に吹き付ける塗装方法です。
ウレタン塗装で表面に形成される塗膜は非常に硬くなっています。その為キズや木材の劣化から表面を守るにはうってつけの塗装方法です。

ラッカー塗装

ラッカー塗装は古くから高級家具塗料として使用されてきました。しっとりした柔らかい光沢を放ち、木目が強調される仕上がりになります。
ウレタン塗料に比べると塗膜強度は劣りますが、日常的なキズや汚れを防ぐには十分な性能を持っています。熱や水、薬品に弱いので、家具使用時には十分気をつける必要が有ります。

セラウッド塗装

キズや汚れに強く、メンテナンス不要で、紫外線・熱に強い塗料です。ウレタン樹脂をベースとし、分子レベルで作用する超微粒子のファインセラミックを複合することで、高い耐久性を持たせた塗料です。 ウレタン塗装同様、木材にセラウッド塗料を吹きつけ、薄い塗膜を 作ります。通常、木材は、紫外線によって徐々に色が変わってきますが、 セラウッド塗料は、紫外線に強く、木材の経年変化による変色を防ぐ効果を持っています。 また、耐熱性もウレタン塗料よりも高いのが特徴です。






家具のメンテナンスについて

木製家具

普段のメンテナンスは、柔らかい布で乾拭き掃除が基本です。

オイル仕上げのものは、乾燥しやすいので家具の使用頻度にもよりますが、半年~1年くらいに一度、乾いた布にオイルを染みこませて塗ってください。
メンテナンス用のオイルキットは店頭にてご用意させていただいております。

布製家具

ファブリックタイプのソファ・チェアなどの布製家具はチリやほこりが付きやすいので、普段からこまめに掃除機で、全体のほこりを吸い取ってあげましょう。
飲み物などをこぼしてしまった場合は、ぬるま湯で薄めた中性洗剤液(食器洗剤等) を薄め、キレイな雑巾で固く絞り、たたくように拭きとって下さい。
その後にただのぬるま湯につけたキレイな雑巾で洗剤を拭きとって自然乾燥します。
すぐにその作業をすると汚れが目立ちにくくなります。
そのままにしておくと落ちないシミ汚れとなり、表面や内部にカビが 発生する原因にもつながります。
防水スプレーを使用すると汚れがつきにくくなります。
カバーリング製品は、一部製品を除きドライクリーニングが原則です。洗濯表示をご確認ください。
マジックテープのついた製品を水洗いする際は、マジックテープを保護し、洗濯ネットに入れて行なってください。

合成皮革家具

普段は柔らかい布で乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は、専用クリーナーを使用して汚れを取るか、ぬるま湯で薄めた中性洗剤液に浸して固く絞った布で拭き取り、その後よく水拭きしてから乾拭きしてください。

革製家具

普段は柔らかい布で乾拭きしてください。
汚れが付いたときは市販のクリーナー(革専用)を使用し、汚れとクリーナーをしっかりと拭き取ります。汚れが目立つ場合にはぬるま湯で薄めた中性洗剤液に浸して固く絞った布で拭き取り、最後にきれいな乾いた布で拭きとります。
オイルレザーやアニリン仕上げ等、染料で色をつけるタイプの革は、水に濡れるとその部分がシミになってしまいますので、注意が必要です。専用クリーナーを使用して下さい。ただし、水シミで濃くなってしまった部分も使いこまれて周りの色が濃くなってくると、自然に目立たなくなります。
直射日光や湿気の多い環境はひび割れや変色の原因となりますのでご注意ください。

クッションのお手入れ

ソファなどは同じところばかり座っていると、へたりもはやくなります。定期的に左右のクッションを交換したりすると、へたりを防ぐことができます。また、晴れた日には陰干しを行い、たまった湿気を除去しましょう。ウレタン素材の場合はクッション全体を軽く叩き、カバーに馴染ませていきます。フェザーや羽毛は縦・横から押しつけ、空気を入れるように全体的に形を整えます。
ファスナーがある場合はあけてから行うとより効果的です。
これを行うことで、フェザークッションの寿命はまったく違ってきます。背クッション・座クッションともに、ふんわりとした綺麗な状態で気持ちよくお使いいただけます。ぜひ取り入れてみてください。

マットレス

人は寝ている間に、コップ1杯分の汗をかくといわれています。
ベッドパッドやシーツを使用してください。ベッドパッドは寝汗を吸いマットレスを清潔に保つほか寝心地をよくするためのものです。ベッドパッドやシーツは時々洗濯することで清潔さが保たれます。マットレスも時々壁に立てかけて通気し乾燥を図ると、清潔さが保たれます。マットレスは、無理に折り曲げたりしないようにしてください。
そして定期的に前後・裏表などローテーションすると、一部分のへたりが防止できて、より長持ちします。
さらに、人から出る湿度の高い部分も分散できるので、汗や湿気によるコイルの劣化も遅らせることができます。
マットレスには両面仕様と片面仕様がございますのでご注意ください。


ハグみじゅうたんのお手入れについてはこちら



家具のお取り扱いについて

無垢の木は家具になっても生きているので、湿気を吸ったり吐いたりし、伸び縮みをします。そのため、ご使用になる環境や気候によって、反りや割れが生じる場合がありますので、温度や湿度の急激な変化のない場所、乾燥する季節には加湿器などの使用をおすすめします。
直射日光を避け、冷暖房機の近くは避けて下さい。木部の変色や割れの原因になるだけでなく、張り布の劣化にもつながります。
塗装された木は熱により変色する場合がございます。
天板に直接、 硬いものや濡れたもの、熱をもったものを置くと、シミや変色の原因になりますのでご注意下さい。(コースターやランチョンマットなどのご使用をおすすめします)
普段のお手入れ方法としては、通常は硬く絞った布等で拭いてから、乾拭きするだけでも結構です。無垢材は水分を嫌うため、乾いた布で水分は完全に拭き取ってください。
化学雑巾やワックス等をご使用になりますと表面の艶が変わってしまう場合がございますので、ご使用はお控え下さい。
家具を移動する際は引きずらず、水平を保つように置いて下さい。不安定なまま使用されますと、家具本体にねじれが生じて扉の開閉や引出しの出し入れがスムーズではなかったり、イスの強度が落ちるなど、家具が壊れたりケガをする原因となる事があります。
引出しや引手の上に乗ったり、扉などにぶら下がったり、無理な力で引張ったりしないで下さい。家具が倒れてケガをする事があります。又、扉や引出しを同時にいくつも開けたり、引出したりしないで下さい。重心が前へ移り転倒する事があります。
家具の上に立ったり、とんだり、踏み台代わりに使ったり、不安定な姿勢で掛けたりしないで下さい。安定をくずし、倒れてケガをする事があります。
ネジ類やジョイント部はゆるみがないか時々点検し、ゆるんでいたら締め直して下さい。














What's New

2017.8.14
・「ダイニングフェア」は終了いたしました。

PICK UP



SUPPORT

・木について

○主に取り扱いのある木のご案内

自然の恵みである木は一本として同じ木目はなく、樹種によっても大きく表情が異なります。それらは個性であり使うほどに愛着がわいてきます。

・家具の塗装について

○主に取り扱いのある塗装のご案内

仕上げの塗装方法によって特徴がございます。用途に合わせた塗装をご提案しています。

・家具のメンテナンスについて

○家具のお手入れについてのご案内

長く使いたい家具、メンテナンス次第で5年、10年後の状態が大きく変わってきます。

・家具のお取り扱いについて

○家具のお取り扱い、注意点のご案内

正しい使用方法で末長くお使いいただけます。